希少なオーガニック新茶をお届け。初夏の恵みが詰まった お茶本来の味をお楽しみください。

いよいよ新茶の季節がやってきました。
KOTOSHINAでは、茶の木本来の成長に合わせ、農薬や化学肥料を一切使わず育て上げたオーガニック新茶を皆様へお届けいたします。

京都と新茶

立春(2月4日)から数えて88日目の「八十八夜」に摘まれた一番茶は新茶と言います。
「初物」として、その一年の無病息災や、長生きといった期待が込められ縁起物として言い伝えられ、京都の茶所・宇治では、古来より新茶を奉納するお祭りが行われるなど、京都の人は新茶の収穫に特別な思いをのせて大切にしてきました。

また、新茶には冬の間に根から蓄えたたくさんの栄養が含まれ、初夏に収穫される一番茶ならではの風味や効果を感じられるのが特徴です。

身体と心を整えるテアニン

茶の根で合成され、葉に蓄えられる旨味成分の「テアニン」。
新芽から作られる新茶に多く含まれ、苦味成分の「カテキン」になる前の状態のため、苦味のない柔らかなお茶の旨みを味わえます。

また、脳をリラックスさせる効果が注目されており、ココロとカラダのさまざまな不調の緩和や改善に役立つといわれています。
環境の変化によるストレスや、季節の変わり目による疲労感を感じやすい今の時期に、テアニンを豊富に含む新茶を飲んでほっと一息つくのはおすすめです。

新茶の淹れ方

新茶特有の瑞々しく爽やかな味を楽しむなら、70-80℃くらいの少し高めのお湯で60秒ほどの抽出時間で淹れるのがオススメです。

また、これからの季節は冷たいお水を使った冷茶も美味しく召し上がっていただけます。
250mLのお水に対して、ティーバッグを1つ入れ1時間以上置いていただきますと、新芽の色が美しく、混じりっけのない茶の本来の穏やかなお茶の味が楽しめます。

この時期だけの希少な旬のお茶を、ぜひお楽しみください。
新茶2024 有機特上煎茶
価格:¥3,780(税込)
内容量:3g×15袋
取扱店:京都BAL本店 オンラインショップ 伊勢丹新宿


新茶2024 関連イベント

2024年 新茶発売に伴い、関連イベントを開催いたします。
詳しくはこちら